スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A leaving behind moonlit night tine Ⅲ





「―え」
思わず、言葉に詰まる。何故なら彼も、全く同じことを考えていたからだ。
姉の表情は固い。こちらを見ず、彼女は問うた。
「レン・・・これまでのあたし達って、まるで”ヘンゼルとグレーテル”見たいだったじゃない?」

―リンも気付いていたか

複雑な心境のまま、彼は首肯する。
「ああ。だけど、俺達はきっと帰れる。捨てられたわけじゃ―――」
「違うの」遮る、声。
「そんなこと、分かってる――」
否定していても、不安なのだろう。分からない訳が無い。
彼女は彼の双子の姉なのだ。
だから、彼は笑う。姉の、リンの不安など吹き飛ばせるように。
「だよな~。だって童話でだって、最後には家に帰れてるじゃんか」
「―――」
その言葉に、姉は気付いた。
自分の不安をかき消すため、弟は冗談めいた口調でそう、言ったのだと。
だから、答えるように笑う。
「うん・・・!ありがとう、レン」
「へっ・・・べつにぃ」
照れ隠しのように鼻を掻き、微笑はやがて重なる。

「「っふふふ・・・はははははっ」」


楽しげな、けれどどこか危うげなそれは、唐突に止んだ。
二人の表情は、どこか冷徹ともいえるものに引き締まる。
「あれが魔女の家なら」
「私達がやるべきことは、一つ」


視線が交錯し、思うことは一つだった。


「帰ろう」
「母さん父さんのところへ」
「「だから―――」」



          悪い魔女を、やっつけよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。