スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、そしてはじめまして。

巡る時間(トキ)、周る輪廻(リンネ)へようこそ。

管理人の雨天音(アテネ)と申します。
ここには気ままに日々のことや詩、絵、小説などを綴るつもりです。
取り扱うジャンルは主に『学園アリス』ですが、他作品の二次創作も有り得ますので
ご注意ください。


+リンクフリーです。報告は任意です
バナーはこちら↓

バナー(完成3)


+相互リンクは是非、お待ちしております。

+キリリク受け付けてます。ジャンル問わず。

+コメント、拍手お気軽に。管理人のエネルギー源。

+長編小説をお読みの祭は、カテゴリ「目次、前書き」から飛ぶと読みやすいです。

+また、初見の場合は、同カテゴリの注意書きをお読みください。


ごゆるりと。
スポンサーサイト

うちの小狐丸の尻に花が生えたはなし。/堕ちた三日月の話

先日、夢で刀剣乱舞の小狐丸が尻の割れ目から花を生やしていました。
びーびー泣いているのを三条兄弟はゲラゲラ笑って鶴丸が水をやっていました。
育つたびになぜか、小狐丸が押さなくなっていくのでようやく焦り始めた兄弟刀たち。
けっきょく、その花はブーゲンビリアだったんですけどね。
花言葉は、「あなたしか見えない」
あっもちろん小狐丸はその後もとに戻ったし、今日も元気に悲報の里に出陣してます。目指せ小烏父上!

また、別の日の夢で三日月宗近のまがい物を名乗る三日月さんを拾ったんだか鍛刀したんだか…まあ来たんですよ。
あ、以下胸糞ブラックな経営をする審神者のはなしと、複数刀剣の意図的な破壊描写、とにかく鬱要素があるので注意です。







続きを読む

WeissRitter

 同人誌企画に出し、流れたので出させていただきます。
 使い魔白猫×黒髪の魔女っ娘(+使い魔の灰馬)。
 中世の魔女狩りイメージなので、残酷描写があります。 
続きを読む

【オリジナル】と或る少年と少女の、夏のお話し。【NL】


 金色の髪を二つにゆるく結って、その上に麦わら帽子を被った少女を連れて歩く。
 ビーチサンダルと足の間に入った砂粒がくすぐったいような痛いような、どっちつかずの感触。もうずいぶんと、海なんて来ていなかったから昔どう思っていたかも思い出せない。
 水平線の向こうに沈んでいく夕日が眩しくて一筋の涙を流すと、つないだ手を軽く引かれて少女に目をやれば、不安そうな顔をしている。
「大丈夫だよ、きれいなものを見るとね、心の器から、こぼれちゃうんだ。ぼくの器は、もういっぱいいっぱいで、入りきらないから」
 よくわからない、というふうに首をかしげながらもぼくの言葉を懸命に聞き取ってから少女は、その大きな海色の瞳にぼくを写して、つないでいない方の手で自身の右胸、次に左胸を軽く指先をつぼめた形で叩いた。
 それを見て、また涙を流すと慌てた様子で繋ぐ手をほどき、下げていたポシェットから取り出したハンカチを差し出してくれる。
「ああ、愛しいなあ」
 呟いた言葉はやはり聞き取れなかったようで、懸命に伸ばしてくれる手から布を受け取り、軽く己の目頭を押さえた。
 ぼくの中身は、この可愛い少女との思い出で埋め尽くされている。耳が聞こえない君に、聞こえないと分かっていながらぼくは言う。
「好きだよ。君が聞こえない分まで、たくさん覚えておくから。きみは、ぼくの分までたくさん、見て、感じて、器を満たしてね」
 言いながらぼくはハンカチを返して、放していた点滴スタンドを握りなおした。

続きを読む

再開のお知らせと今後の更新内容について

おはようございます、こんにちは、こんばんは。もしくは初めまして、管理人の雨天音(あてね)と申します。

お久しぶりの方が、いらっしゃるのかな…いやはや、3年ぶりですね。

長らくの休止、誠に申し訳ございませんでした。

実はログインできなくなってまして…パスワードを紛失して。で、偶然思い出してようやく最近ログインできるようになってました。
ここ数年で、一次創作は小説家になろう様、二次創作はPixiv様にお世話になりながら、細々と更新しておりました。後程リンクお知らせさせて頂きますね。

こちらでは、書きかけだったものの完結をひとまず目標とさせて頂きます。ごちゃまぜにしたものを支部にもあげていますので、ちょっと整理しますけど……。
日記としては、読んだ本の感想とか、去年から趣味とした写真とか上げていければいいなと思っています。
やっぱり、平気で一か月二か月更新できないこともあるかと思うんですが、一時期は廃棄も考えていたこのブログですけれど、ここで得た出会いや思い出も沢山あるし、放置中ものぞきに来てくださっていることもあって、やっぱり嬉しくて。

適当な管理人で申し訳ございません。
もしこんな気まぐれブログでも、少しでも私の物語が笑ったり、心動かして頂けるものならばいいなと思いつつ、綴らせていただきます。


雨天音(あてね)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。